電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

固定電話を持たない家庭も多くなっています。携帯が普及し通話料も安くなりました。それでも固定電話が必要な場合とは

電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

現代の電話という存在

15年前には、どの家庭にも当たり前のようにあった固定電話。学校の連絡網に使ったり、姉が長電話をしてコードを抜かれたり、夜の7時は電話していい時間帯なのか迷いながら恐る恐る受話器をとったりと、そこにはたくさんの思い出とマナーを学ぶ機会がありました。

携帯電話が普及した今、固定電話を持たない家庭も増えました。契約書類ひとつにしても、以前とは違い携帯電話の番号があればOKという場合がほとんどです。固定電話では、1分あたり10円等通話料金が発生することから、やはり携帯電話で通話をする方がお得であると言えます。今では相手の携帯電話会社を問わず、通話料無料もしくは定額というのは一般的です。その上、スマートホン上で、インターネット回線を利用した通話が可能という画期的な時代になりました。

しかし、やはり固定電話を持っているということで獲得できる、ある種の社会的ステータスは今も代え難いようです。小学校の連絡網では固定電話が優先されますし、いよいよ重要な契約書類に関しては固定電話の番号が必須だったりもします。何よりも、子どもが電話をかけるマナーを学ぶ場がなくなり、時間帯を気にせず連絡のやり取りができることの弊害も懸念されています。アメリカでは基本料金のみで通話し放題のプランが普通であることから、これからの固定電話の在り方を考えなければいけない時がきたと言えます。

最近の急上昇ワード電話、情報量が多いこのサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに.All rights reserved.