電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

固定電話の進化、様々な機能が搭載され、記録機能や保留機能など、相手の番号を記録、待たせても音楽が流れる。

電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに

通信機器としての電話の進化

今や一家に一台と言う定番の言葉も電話にとっては一家に一台が個人で数台と言う言葉で表現できるほどに進化している現在です。一般的には一家に一台と言うのが普通ですが、今では家庭にある固定電話から、個人が持つ携帯電話と言う通信機器が主流となっている時代になっているのです。それに、かつては、一家に一台の電話も色も様々でしたが、ダイヤル式が主で、会話する事が電話の役目だったのです。ですが、今ではその一家に一台の電話も様々な機能を搭載しているのです。中でも多く使われている機能が短縮機能と言うものです。つまりは相手の電話番号を電話に記録しておく訳です。

受話器を持ち、1番の番号を押せば、良く話す人の電話番号に繋がると言う事です。つまりは相手の電話番号を全て指で押す必要がないのです。そういう記録機能があるのです。そして保留機能です。かつての電話であれば、会話の中でも相手を待たせる場合でも、受話器を傍に置いたままのケースが多かったのですが、保留のボタンを押せば、受話器を電話に戻しても、相手側と繋がってして、相手側には待たせながらも、受話器から音楽などが流れていて待ちながらに癒しを提供させると言う事が出来る訳です。こういう機能は人の心へも通信となるもので、ある種の煩わしさと言うものを解消してくれるのです。

Copyright (C)2017電話は声だけが頼りなので相手を気遣うことを忘れずに.All rights reserved.